業界のプロなら次の動きを読み取りながら対応【専門業者へ依頼してイタチを捕獲】

住宅への対策も重要

一軒家

イタチを無事に捕獲した際はそれぞれの自治体に相談を行ない、専門業者などに渡したりすることで捕まえたイタチを処分する必要があります。
住宅に住み着いてしまったイタチをそのまま野生に返しても、住宅への悪影響は減りません。こうした対応が原因で新たにイタチの被害を受ける方も登場してしまうこともあるため、イタチを捕縛した際は自治体によって定められた形にイタチを処分しなければなりません。住宅でイタチを捕獲した際は地元の自治体などで相談を行ない、捕まえたイタチをどのようにして処分するかを考えるようにしましょう。またこういった野生動物の捕縛が苦手な方でも、駆除業者の方に依頼を行なえばスムーズに住宅から害獣を駆除することができます。

イタチをした際はすぐに住宅の改装を行ない、再度イタチが住宅に住み着かない様に対処しなければなりません。
イタチなどの野生動物は身体が細いため、住宅にできた小さな穴などの場所から簡単に侵入することができます。そのためそのままの状態で生活をしていると新たなイタチが住宅に住み着いてしまう危険性があるため注意が必要です。イタチを捕獲した後は速やかに住宅の補修作業などを行ない、再びイタチが侵入することで捕獲作戦をもう一度実施する羽目にならないようにしましょう。またイタチは繁殖力が高い動物になるため、場合によっては数十匹のイタチを捕まえる必要がある場合もあります。こうした手間を省くためにも、イタチの駆除はなるべく早めに実施しなければいけません。