業界のプロなら次の動きを読み取りながら対応【専門業者へ依頼してイタチを捕獲】

最適な駆除方法を選ぶ

寝室

イタチなどの害獣は住み着いてしまうとさまざまな悪影響を発生させてしまうため、害獣の存在を感じた際はすぐに駆除作業を実施するようにしましょう。また市販されている捕獲用のトラップにはさまざまな製品が登場しているため、利用する際はそれぞれに適した道具を検索してみる必要があります。

詳しくはこちら

住宅への対策も重要

一軒家

イタチを捕獲する際はまず自治体などに相談を行ない、それぞれの地域で定められた手順に沿って駆除を行なう必要があります。また駆除を行なった後は、住宅に改装を施すことでまたイタチが住み着いてしまわないように対処することも必要です。

詳しくはこちら

住宅を野生動物から守る

イタチ

住宅に野生動物が住み着くことで日常生活に悪影響が発生することが増えてきた現在では、さまざまな地域で色々な害獣による被害が多数報告されるようになってきました。
イタチやタヌキなどの昔から日本に生息していた生物による被害から外来種の生物による被害まで、地域によって非常にさまざまな野生動物による被害が発生しています。こうした害獣による被害を抑えるためには捕獲を行ない、野生生物を捕まえることで住宅への悪影響を防がなければなりません。イタチなどの害獣が住宅に住み着いた場合はすぐに捕獲作戦を行なうようにし、住宅からしっかりと害獣を駆除できるようにしましょう。また害獣の存在が確認できない場合は、一度よく調査を行なってみる必要があります。

イタチなどの生物は夜行性のため、昼間は中々見かけることがないため害獣の存在に気づかないこともあります。
そのためゴミが荒らされていたり住宅内に糞などが落ちている場合は害獣の存在を確認するため、住宅内を調査しなければなりません。ホームセンターなどで販売されている監視カメラなどを設置すれば、夜間に野生動物の調査を実施することが可能です。自分が住んでいる住宅に野生動物が住んでいると感じた方は調査を実施し、存在が確認でき次第すぐに業者に依頼を行なえるようにしましょう。しかし住んでいる地域によっては捕獲用のトラップなどがホームセンターで販売されていることもあるため、個人でも害獣駆除を行なうことができます。

費用の安い業者を検索

笑顔の男性

イタチを捕獲するためにはトラップなどを用意する必要がありますが、駆除業者に依頼を行なえばスムーズにイタチを捕まえる事が可能になります。また依頼を行なう際は駆除にかかる費用をよく確認し、なるべく安い費用で利用できる駆除業者を選ぶようにしましょう。

詳しくはこちら